不妊検査と費用のすべてを徹底解説

不妊検査と費用

妊娠したい、子供を産みたいと思っていてもなぜか叶わない…という時に頭をよぎる、不妊治療。

 

一体どんな検査をするのか、何か原因があるとしたら治療にはどのくらいの期間とお金がかかるのか、心配や不安は膨れ上がっていきますね。

 

ここではその検査の内容やその費用について、紹介したいと思います。

どこで診てもらえる?夫は?

まずどの病院に行ったらいいのかわからない、という人も多いですよね。

 

検査や治療となると通いやすいところが便利ですが、不妊治療で有名な婦人科や不妊専門のクリニックがベストだと思います。

 

専門機関であれば男性の検査も行ってくれるので、夫婦で行けて心細さも和らぎそうですね。

診療の前に用意しておきたいこと

まず女性側が準備したい事の一つとして、月経の状態や基礎体温表があります。

 

月経がどのペースであるのかや色、量などを把握していたり、基礎体温表が数ヶ月分あると、検査もより正確に結果が出るはずです。

 

ホルモンバランスの乱れなどがわかることもあるので、体重の変動などがあればそれも申告しておきましょう。

まずは問診、血液検査

検査では簡単な問診をしてから内診、触診をして、血液検査で卵巣機能や排卵に異常がないかを確認します。

 

医療機関によって費用は変わりますが、2,000円から20,000円することもあるようです。

 

さらにその日のうちにすることも多い、腫瘍や筋腫などがないかを確認する超音波検査は1,500円からという費用が相場です。

 

また、血液の中に菌がないかを確認する月経検査は、結果が出るまで2ヶ月近くかかりますが4,500円前後ほど費用が必要です。

子宮内膜組織検査とは

排卵日5日後あたりには子宮の組織を採取して検査をする子宮内膜組織検査もあり、こちらの費用はだいたい2,000円くらいとなっています。

 

卵管造影検査では卵管が詰まっていないかなどを調べますが、7,000円程はかかるようです。

少し費用がかさむ検査

少し費用がかさむ検査になりますが、子宮鏡・卵管鏡検査は内視鏡を入れて小さな異常も見逃さない精密な検査も20,000円程で受けられます。

 

さらには60,000円から70,000円ほどかかると言われている、手術となるので高リスクにもなりますが腹腔鏡検査があります。

 

全身麻酔でメスを入れて卵巣や子宮の状態を見るようですね。

精子の状態を女性の体内で確認する検査

また、フーナー(ヒューナー)テストと言って性交後の精子の状態を確認する検査などもあります。

 

不妊検査の中でも初期の段階ですることが多いのですが、1回の検査費用も500円かからないようなので気軽にできるのではないでしょうか。